HOME春林軒

春林軒(住居兼診療所)

春林軒全景

春林軒全景

華岡青洲がもともと住んでいた家は現在の春林軒と華岡家墓地との中程にあって大きさは20坪ほどの茅葺の小さなもので、華岡家は何代か前の先祖からそこに住んでいました。青洲もその家で生まれ青洲が家業を継いでからもその家で診療や研究を行っていたのです。

1804年(文化元年)青洲が麻酔を使った乳ガン手術に成功し、その名声が広く知られると、全国から患者が押し寄せ、青洲の華岡流外科を是非学びたいとたくさんの入門希望者がやってくるようになりました。今のままでは充分な診療や門下生の指導を行えないと考えた青洲は思い切って新しい診療所を建設することを決め、建坪220坪(660平方メートル)というかなり大きな屋敷の新築工事を始めました。それがいつ頃かはハッキリと分からないのですが、おそらく文化年間(1804年〜1816年)の中頃か末頃であったであろうと言われています。青洲はこの木の香しい屋敷を「春林軒」と名付けました。「楽水堂」とも呼んでいたようです。

大正時代の春林軒

大正時代の春林軒

西側から見た移築前の春林軒

春林軒は大正時代まで平山にありましたが、大正12年(1923年)に持ち主が変わり主屋は旧粉河町に移築されました。

大正時代の春林軒

東側から見た移築前の春林軒

主屋の屋根、三病室(手前の建物)、看護婦宿舎(右の2階建の建物)が見えます。

現在の春林軒

現在の春林軒

移設後の春林軒

平成9年(1997年)に、春林軒を再建することになり、主屋は保存状態もよかったので元の平山の地に戻されました。現在の春林軒は、主屋と蔵は青洲が活躍した当時の建物で、その他の建物は調査資料に基づいて復元されたものです。

敷地面積:1,614u
木造8棟延べ:533u


手術の様子

手術の様子

内部には青洲が行った手術や門弟に対する講義の様子が、人形や音声やビデオで再現されています。

麻酔薬の実験の様子

麻酔薬の実験の様子

門をくぐれば江戸時代当時にタイムスリップ。
青洲が活躍した当時の空気を体験してください。

春林軒等建物配置及び主な活用

春林軒塾は、全身麻酔による乳ガン摘出手術を世界で初めて成功させた医聖華岡青洲が開いた住居兼病院・医学校です。麻酔手術の成功で、青洲の名声は全国に広まり青洲の生存中、この地で学んだ塾生は1,033名を数えます。現在建っている建物群は、主屋を中心に内塾兼薬調合所・用務室・病棟・米蔵兼看護婦宿舎・物置・蔵が取り囲んでいます。

春林軒全景(上空から見た配置)
春林軒全景(上空から見た配置)


建物内の主な活用
建物内の主な活用
このページのトップへ