紀の川市食育推進会議 食育のまち紀の川市

紀の川市食育推進計画について

  1. 計画策定の趣旨
     子どもたちをはじめ、紀の川市民一人ひとりが心身の健康を確保し、生きる力を身につけていくためには、何よりも「食」が重要です。
     ところが近年、「食」を取り巻く環境の変化等を背景に、栄養の偏りや食生活の乱れによる生活習慣病、肥満の増加、また、食品の偽装表示など「食」をめぐる様々な問題が生じてきています。
     このような中、国において、食育を「生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの」と位置づけ、国民が生涯にわたって健康で豊かな人間性を育めるよう、食育を国民運動として推進していくため、平成17年7月、「食育基本法」が施行され、平成18年3月、「食育推進基本計画」が策定されました。和歌山県においても、平成19年3月、「食べて元気、わかやま食育推進プラン」(和歌山県食育推進計画) が策定されました。
     農業を基幹産業とする紀の川市では、紀の川・貴志川などの流域や周辺の山間地域など豊かな自然に恵まれ、桃、柿等の果実をはじめとして、米・野菜など四季折々の旬の食べ物が豊富に生産されています。また、日本一の売り上げを誇るJA 紀の里ファーマーズマーケット「めっけもん広場」などの農産物直売所や健康バイキングを提供している「青洲の里」、学校給食への地場産品の積極的な活用など地産地消の取り組みも盛んです。
      こういった中、紀の川市において、自然の恩恵や「食」に関わる人々の様々な活動への感謝の気持ちを育み、郷土に対する関心を高め、「食」に関する正しい知識と選択する力を身につけていくことが大切です。今後、市民や行政、あるいは家庭、保育所・幼稚園・学校、地域などそれぞれの立場から、共に学び、共に取り組み、共に実践できるような、市民運動としての食育を計画的に推進し、すべての市民が心身ともに健全な食生活を実践し、生涯にわたって健康で生き生きと暮らせるよう、「紀の川市食育推進計画」を策定するものです。
  2. 計画の位置づけ
     本計画は、食育基本法の目的、基本理念を踏まえ、同法第18条第1 項に基づき、紀の川市食育推進計画として位置づけます。計画の中では、紀の川市の特色を活かし、既存計画との調和を図り、総合的な食育を推進します。
プロセス
  1. 計画の期間
     計画の期間は平成20年度から平成24年度までの5年間とします。
  2. 計画の進行管理と評価
     本計画における施策の進行管理については、食育推進本部が行い、毎年度、市食育推進会議に報告するものとします。また、施策の結果を踏まえて、さらに効果的な食育の推進を図ります。
    なお、施策の成果や社会情勢の変化等により見直しが必要になった場合には、随時見直しを行うこととします。



「食育のまち紀の川市」宣言
紀の川市食育推進計画
紀の川市食育フェア
 
平成21年度地方の元気再生事業 主な取組
食育のまち推進事業
食育のまち啓発普及事業
食育のまち主意九泊体験事業


関連リンク
紀の川市
青洲の里
和歌山県食育ひろば
JA紀の里
近畿大学
和歌山大学
和歌山放送ラジオ
ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくには閲覧ソフトのAdobeReaderが必要です。お持ちでない方はこちらのサイトよりダウンロードをしてからご利用ください。(ダウンロードは無料です。)
Copyright (C) 2010 紀の川市食育推進会議 All Rights Reserved.
HOME